枝芳 プロフィール
枝芳 Sihou
東京手描友禅 伝統工芸士 / 練馬区美術家協会会員、東京都工芸染色協同組合員

19歳で友禅染に出会い、伝統工芸士 早坂優氏に師事し、家庭を持ち、
夫と子供と、たくさんの人達に支えられ、30有余年が過ぎました。

絵を描くように絹地に染められる友禅という技法を、改めてすばらしい、
日本独自の技法だと思い直しております。

「きもの」「帯」としてはもちろんのこと、きものが、日常生活から
離れつつある中で、友禅が少しでも身近に感じられればという想いから、
「屏風」「額」「小もの(バッグ、ふろしき、ストールなど)」に友禅染を使った作品も制作しております。

また、10有余年前から、得水軒11代目遠藤三右衛門氏に師事し、正麩糊(しょうふのり)
を使った表装を習い始め、「掛軸」の制作にも取り組んでおります。

古いものを生かしながら、今日使えるものを、これからも創っていこうと思っています。
そして、染の街と言われる「中井」で、展示会、作品作りが出来ることに、縁を感じています。

Yuuzen-zome(Yuuzen style dyeing) Artist

Yuuzen-zomee is a technique that involves dyeing as if painting a picture on cloth.
In my opinion, Yuuzen-zome is truly an original and unique dyeing technique existing
only in Japan.

I first discovered Yuuzen-zome at the age of 19. I trained to de a Yuuzen-zome artist
under Mr.Masaru Hayasaka, a traditional craft artist. With support of many people
including my husband and children, I have worked as a professional Yuuzen-zome
artist over the last 30 years.

Kimono(e.g. kimono , obi belts) are no longer worn casually in our daily life. Therefore,
I hope to carry on the tradition of Yuuzen-zome through producing Japanese folding
screens (byoubu), Japanese handing scroll (kakejiku), frames, Japanese wrapping cloth,
and stores.

It is fitting that I am privileged to have been able to set up my workshop in Nakai,
an area renounced for its traditional dyeing.

枝芳
Shihou
 
copyright 2009 shiho yuzen kobo All rights reserved.